「透輝の滴」でプルプルの肌に導いてニキビができにくい肌へ!

 

ニキビができる原因は、毛穴の中に汚れが溜まりそれを餌にアクネ菌が繁殖するから

 

細胞成長因子EGFのオリゴペプチドなどが豊富に配合された「透輝の滴」は、8種類の成長因子をたっぷり含んだ美容液です。

 

そして、それらを角質層に浸透しやすくしたり、肌の潤いを保持する力を高める効果が期待できるのが、溶媒として使用されている「海洋深層水」の役割。

 

この海洋深層水の特長のおかげで、透輝の滴の成分が肌に馴染みやすく、肌の保湿力を整えてくれるため、次第にニキビができにくい肌へと導いてくれるのです。

 

ここでは、透輝の滴がニキビケアへ効果が期待できるメカニズムを詳しく解説していきましょう。

 

>>透輝の滴の公式サイトはこちら

海洋深層水と羊水との共通点がバリア機能を維持する効果

 

透輝の滴は、海洋深層水を溶媒としているため、ミネラルが豊富

 

海洋深層水というのは、羊水に含まれているミネラル比率と類似しているといいます。

 

生まれる前の赤ちゃんがまだお腹にいる時は、皮膚が完全にできておらず、皮膚のバリア機能が完全に備わっていません。

 

体液と羊水の浸透圧の違いによって、皮膚がふやけたり恒常性を損わないように、羊水は体液とほぼ同等の塩分とミネラルを有しています。

 

海洋深層水で作られた透輝の滴は、体液のミネラル濃度との親和性が高いため、美容液成分が角質層へとスムーズに浸透するのですね。

 

α Gri-Xのおかげでアトピー肌にも効果的?詳しくは「アトピー肌でも使って大丈夫?透輝の滴は肌に優しい成分がたっぷり!」で解説しています。

透輝の滴で水分保持力を高めてニキビができにくい肌へ

 

ニキビ内にも、角質層は続いています。

 

一般的には、毛穴汚れはクレンジングで落とすイメージがあり、皮脂を落とせば毛穴汚れが落ちると考えている人が多いでしょう。

 

しかし、事実として毛穴汚れの70%はたんぱく質の汚れでできており、皮脂汚れは残りの30%しかありません。

 

つまり、毛穴汚れは古い角質が皮脂で固まってしまったもの

 

たんぱく質の汚れを落とす性質は、クレンジングではなく洗顔がもっていますので、毛穴の皮脂をクレンジングで少し馴染ませた後は、洗顔でタンパク質の汚れを洗い流さないといけません

 

とはいえ、そもそも肌のターンオーバーが正常であれば、毛穴汚れが詰まることもなく雑菌が繁殖する可能性も少なくなります。

 

このターンオーバーを正常に整えるためには、角質細胞とその間の脂質成分を補うことが重要

 

透輝の滴を洗顔後に使用するようにすると、洗顔で綺麗になった毛穴の奥の角質層まで、水分保持力を高めてくれる期待が高まります

まとめ

ニキビケアをする際に注意しないといけないのは、過度のスキンケアです。

 

クレンジングでは、毛穴汚れを全て落としきることはできません。

 

とはいっても、洗顔に頼りすぎると角質細胞を無理に剥がしてしまう恐れがあるため、バリア機能が失われてしまいます。

 

美容液を毛穴の奥まで浸透させようと思うと、毛穴の汚れを除去したいと思いがちですが、無理に早く改善しようとすると肌に負担がかかり、逆に肌トラブルを招きやすくなることも

 

年齢にもよって様々ですが、ターンオーバーは早い人で28日間かかりますので、肌を改善するには日数がかかるものです。

 

焦らず根気よく、「透輝の滴」でニキビケアに取り組んでいきましょう。

 

「透輝の滴」でプルプルの肌に導いてニキビができにくい肌へ!